江戸期の医学書

江戸の医学書

img01

この度、江戸期の医学書を少しずつ公開していくことにしました。京都大学や早稲田大学の図書館も公開して下さり、私もよく利用しています。もう150年以上昔のものですので、虫食いが有ったりして随分劣化しています。
今のうちにデジタル化して保存をしなければいけないと思います。少しですが私の所蔵品の中に、まだ公開されていないものが有りますので、東洋医学を勉強されている方の役に立てれば良いかなと思い踏み切りました。
このような趣旨ですので営利目的の使用はお断りします。
なお、私のコメントは日本漢方典籍辞典や様々なインターネットサイトを参考にしています。

古方丸散方(コホウガンサンホウ) 刊本一冊

吉益東洞著、田口信庵編です。文化六年版より前の享和四年版は新発見となります。

デジタルライブラリー

虎列刺予防論解(コレラヨボウロンカイ) 刊本一冊

明治十三年に内務省社寺局から出版されたものですが、当時はコレラの流行が度々あり、大きな社会問題でした。

デジタルライブラリー

困学穴法 (コンガクケツホウ)

石塚汶上の著である。当時としては、アイウエオ順の目次は斬新である。ポケットサイズだが絵も多く情報量はたっぷりある。ちなみに困学とは、行き詰まってから学問をすることらしい。いつも懐に忍ばせ暇を見つけて、経穴を勉強しようというのがこの著のセールスポイントだと思われる。

デジタルライブラリー

痧脹玉衡書(サチョウギョクコウショ) 刊本五冊

郭志邃 撰、享保九年の出版です。この本が出てから日本の刺絡が始まったと言われています。

デジタルライブラリー

三位法眼家伝秘方百弐拾種(サンイホウガンカデンヒホウヒャクニジュウシュ) 写本一冊

前半は百二十種?の生薬の修治や効能が書かれています。後半は秘伝薬がたくさん出てきます。最後は灸について書かれています。室町時代に成立したと思われます。

デジタルライブラリー

選鍼三要集 (サンシンサンヨウシュウ)上下一巻

これは鍼治講習所で利用されていたとされるものを明治13(1880)年に今村亮らによって、初めて復刻刊行されたものである。 明治13年刊行のものはこれの他、(財)杉山検校遺徳顕彰会にある。3000部刊行されたらしいが、国会図書館にも富士川文庫にもないのが不思議である。

デジタルライブラリー

三世医譚(サンセイイタン) 写本乾坤二冊

和田元庸の随筆であります。文政9年に出版されています。

デジタルライブラリー

十四経和語鈔(ジュウシゲイワゴショウ)

岡本一抱の著である。滑寿の十四経発揮の解説本としてとても良くできている。

デジタルライブラリー

傷寒論国字弁 (ショウカンロンコクジベン)

早稲田大学古典籍総合データベースに巻之3・4がないのでアップします。とても読み易く内容も治験例を取り入れ偉そうに解説しているのが面白いです。また、難問とされてきた白虎湯の条文の珍回答にはびっくりです。

デジタルライブラリー

傷寒論正文解(ショウカンロンセイブンカイ)写本一冊

和田東郭の著作ですが、この写本は二巻で一冊で終わっており、内容もかなり刊本と異なっています。東郭の死から34年後に出されているので、元の口授から大きく違ってしまったのかも知れません。個人的にはこの写本の方がすっきりして、出来が良いと思います。 一冊ですが、容量の都合で二つに分割しました。    

デジタルライブラリー

ご予約・お問い合わせは 075-581-1911

あんず整骨院

img01

診療時間  

午前9:00~13:30(予約優先)
午後15:30~18:00(予約優先)

                 
午前 ×
午後 ×

★祝日開院 ×休診

アクセスはこちら


あんず鍼灸院

img02

診療時間

午前9:00~13:00(完全予約制)
午後16:00~20:00(完全予約制)


午前 × × × ×
午後 × × × ×

★祝日開院 ×休診

アクセスはこちら

当院の施術内容

  • 不妊施術について
  • 交通事故施術
  • 美容鍼について
  • 江戸期の医学書
  • 皆様の声
  • 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

スタッフブログ

ゼリーポンチ(*^◇^)_▽

久しぶりに開いた 喫茶ソワレに行ってきました ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ 名物のゼリーポンチです(・∀・) キラキラした見た目は店内の青い光に照らされて幻想的な気分に…(*゚。゚) 用事が終わったらそそくさ退散 ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ 鍼灸 高野             ...

続きはこちら

ページ上部へ
お知らせ 症例紹介