• slide01

    text

    text

    text

  • slide02

    text

    text

    text

  • slide03

    text

    text

    text

  • slide04

    text

    text

  • slide05

    text

    text

    text

img01

あんず整骨院

〒607-8075
京都市山科区音羽野田町15-9
ハヤシスタジオビル1F
TEL.075-581-1911

アクセスはこちら
診療時間
午前 ×
午後 ×

午前9:00~13:00
午後15:30~20:00【/15:30~21:00】
★祝日開院

img01

あんず鍼灸院

〒607-8075
京都市山科区音羽野田町1-6
山科音羽マンションA-105
TEL.075-581-1911

アクセスはこちら
診療時間
午前 ×
午後 ×

午前9:00~13:00
午後16:00~20:00
★祝日開院

img02

img02

昔、中国の櫨山(江西省北部揚子江岸、九江の南部)に董奉(とうほう)という名医がいて、貧しい患者からは治療費を取る代わりに『あんず』の木を植えさせた。日毎に増える杏の木はやがて大きな林となり、生命を慈しむ董奉の心も人々の間に広がっていきました。このことから医者のことを杏林と言うようになりました。当院の名もこの伝説に因んで名づけました。

当院の特長

li01

一人一人異なる症状に合わせた治療を用意

同じ疾患でも、人が違えば原因や症状は異なります。
当院では、一人一人に合った施術を行い、改善を共に目指します。

li01

国家資格を持った治療師が施術

当院では国家資格である「柔道整復師」を取得した治療師が皆さまの治療を担当致しますので、どなたでも品質の高い施術を受けて頂けます。

li01

経絡治療のエキスパートによる根本からの改善

当院の鍼灸治療は、東洋医学に基づき、病気を全身の変調、経絡ー経穴の変動と捉えます。それに対し、全身を整え体質を変化させることにより、内部より自然快復を促します。

li01

開業20年の治療経験と信頼

当院は地域や通って頂いている皆さまに支えられ開業20年を迎えました。今後もより高品質な治療を丁寧に提供することで、より一層代皆さまに喜んで頂ける院として尽力して参ります。

li01

溌剌とした活気のあふれる雰囲気の院

若いスタッフも多く在籍し、明るい雰囲気の中治療を受けていただけます。また、来院された患者様に元気になっていただける院を心がけています。

ムチ打ち・スポーツ障害・腰痛治療ならあんず鍼灸整骨院にお任せください。

img02

整骨院は保険証が使えます

ムチ打ち・スポーツ障害・腰痛治療のあんず鍼灸整骨院.。手技・マッサージ・テーピングのあんず鍼灸整骨院は保険治療です。鍼・灸・小児はり・耳鍼ダイエットのあんず鍼灸院は実費診療です。

頭痛、首こり、肩こり、眼精疲労に効く簡単な治療

オステオパシーの頭蓋底解放テクニック 後頭骨と頚椎1.2番との間を緩めるテクニックの行い方です。 オステオパシー(アメリカ生まれの整骨療法)の教本には「頭蓋底の解放」として載っています。 「頭蓋底の解放」というとすごく難しそうに感じるかもしれませんが意外と簡単にできます。 奥さんや彼女などが頭痛で悩まれているご主人や彼、株を上げるチャンスです。 喧嘩しててもあっという間に仲直り、元々仲の良いカップルは、益々ラブラブになること間違いなしテクニックです。 やりかた 1.頭痛持ちの方(仮...

他の感想はこちら

山科で交通事故治療【あんず鍼灸整骨院】

京都山科区の鍼灸院【あんず鍼灸整骨院】をご利用ください。 交通事故に多い症状であるムチ打ちや、首・背中・身体の痛みに対応しております。 自賠責保険適応になり、自己負担が無料になっておりますので、安心してお越しください。 交通事故治療のことならお気軽にご相談頂ければ幸いです。 頭痛肩こり、腰痛でお悩みの方に鍼灸の施術も行っております。 また、美容鍼や耳鍼ダイエットなども行っておりますので、お気軽にご相談ください。
地域の皆様に愛される鍼灸院整骨院です。 身体の痛み・不調でお悩みの方はぜひご相談くださいませ。

スタッフブログ

癒しのツボ【百会】で自律神経の偏りを整えよう!

癒しのツボ【百会】で自律神経の偏りを整えよう! 疲れをためない体にするために、簡単に押すことのできるツボを紹介します。今回のツボは「百会(ひゃくえ)」というツボです。このツボは、脳の玄関と言われているほど万能のツボで頭痛を始め目の疲れ、めまいに効果的です。     このコーナーでは、疲れを貯...

続きはこちら

ページ上部へ
お知らせ 症例紹介