症例紹介

症例紹介

テニス肘【50代男性】 整骨院

本来は上腕骨外側上顆炎と言い、テニスをする方に多く見られる症状なのでテニス肘と一般的に言われています。

原因としてボールがラケットに当たる時の衝撃が、手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷を来し発生するものと考えられています。

本院では、負荷がかかっている肘の外側の部分をほぐしてから超音波治療器で刺激を与え、最後にテーピングをする治療を行っています。

早期に対処するほうが早く治りますので、症状が出たら早めに来院することをお薦めします。

カテゴリー別記事

ご予約・お問い合わせは 075-581-1911

あんず整骨院

img01

診療時間

午前9:00~12:30
午後15:30~20:00

午前 ×
午後 ×

★祝日開院

アクセスはこちら


あんず鍼灸院

img02

診療時間

午前9:00~13:00
午後16:00~20:00

午前 × ×
午後 × ×

★祝日開院

アクセスはこちら

当院の施術内容

  • 不妊施術について
  • 交通事故施術
  • 美容鍼について
  • 江戸期の医学書
  • 皆様の声
  • 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

スタッフブログ

こんな話がありました(´・ω・`) +あぶり餅

こんにちは!高野ですヽ(゚ω゜) 今日はクライアントさんから聞かされた ちょっと複雑な気持ちになる話を書きます。 (そのクライアントさんをAさんとします) Aさんはヘルニアを持っていて整形外科に通ってました。 その整形外科で「ヘルニアは治らないから様子をみながら… きつくなったら手術できるところを紹...

続きはこちら

ページ上部へ
お知らせ 症例紹介