スタッフブログ

スタッフブログ

冷やす方法と温める方法どっちがいいの? スタッフブログ

冷やす方法と温める方法どっちがいいの?

 

1 冷やすとどうなるか?

血管を収縮させ新陳代謝を抑制し、痛みを伝える神経の感受性を低下させて、直接的な鎮痛(ちんつう)効果があります。

冷やす方法

 

1) 湿布・・・・・痛みを和らげ炎症を抑える作用があります。

2) アイシング・・・氷や保冷剤などを使い炎症を起こしている疾患(捻挫、打撲)に対して炎症を抑える作用があります。

 

2 温めるとどうなるのか?

温めると血管が拡がり、血液循環がよくなります。その結果、血管内の老廃物(痛みの元になる物質など)が除去され新陳代謝を促進し、痛みやこりがとれ、筋肉の緊張を和らげます。

温める方法(温める方法には2種類の方法があります。)

 

1) 水などを使う温熱(お風呂)

2) 乾いた空気を中間に利用した乾熱

a電子レンジの原理を利用したマイクロ

b温湿布の原理を利用したホットパック

c蒸しタオルを幹部にあてて温める

注)骨折の場合は、温めると逆効果になる場合もあるので、医療スタッフの指示に従いましょう。

【参考】 家庭でホットパックを代用させる方法、4の方法

① ヌレタオルを電子レンジ500ワットで40秒温める。

② コンニャクをお湯で温め、温まったらビニール袋に包み、患部に置きます。但し、あまり温かい時間が、長続きしないのが欠点です。

③ ビニール袋にお湯入れて袋をくくって、手作りホットパックができます。

④ ペットボトルにお湯入れて患部に転がすと、手作りのホットパックが出来ます。

結論はどちらでもよいのですが、目的に応じて炎症期には冷やし、回復期には温める。それ以外は、冷やすのがよければ冷やす。温めるのがよければ温める。これらが一番良い方法であり、それも気持ちがよく軽快に感じる温度が、痛みの局所が求める適温で治療効果が最も高いのです。

保険部  田中

スタッフブログ

クレーン(’∇’)/

嵐山に行ってきました( *´艸`) 嵐山には観光地がいっぱい有りますね 渡月橋に竹林、天龍寺にモンキーパーク・・・(´∀`*) 中でも迫力(?)のあるのが                   これ!d('v` え?(゜Д゜) 遠くて見えない? ...

続きはこちら

ページ上部へ
お知らせ 症例紹介